「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女」ネタバレや感想!昔のマンガはヤバかった!

女性マンガ

あらすじ

題名にアルように 女性の復讐劇ですね。。

おーーーこわ!(笑い)

いじめによってすべてを奪われた女が別人に生まれ変わり、地獄の復讐に身を投じる! 昭和20年、太平洋戦争が終わりかけていた時代、樺太(からふと)で生まれ育った少女・市村ハナは、醜い容姿のため女学校で凄惨ないじめを受けていた。いじめのリーダー格は大会社の令嬢・高島津絢子・・・

https://comic.k-manga.jp/title/97553/pv

昭和20年って言ったらまだ戦争の終わりかけの話。。。

樺太(からふと)は ロシアで。。。

北海道の上ですね。。。

そんな極寒の地での昔の話。。。

ブルーさん
ブルーさん

昔から無くならないもんなんだね、イジメって。。

そう思うと寒さも合間って

益々ゾクゾクします。。。

復讐のために自分の顔を整形して別人になって

復讐する!って

簡単にいえばそんな話なんだけど。

よくあるイジメから始まり、それが積もりに積もって最終的には家族が戦争でなくなるんだけど、そのキッカケがイジメのメンバーの、

いつもの仲間はずれからが最終的にはキッカケになりましたね!?

でも ま、遅かれ早かれ来たのかなって感じですね。

美醜の大地(びしゅうのだいち)ってどんな意味?

美醜の大地(びしゅうのだいち)って

タイトルからは想像するには??

でも調べると「美醜(びしゅう)」って言葉あるんだね?

調べると「うつくしいことと、みにくいこと。

「外観の美醜は問わない」「善悪美醜」」

外見の美醜(びしゅう)は問わないって所が深いね!!

でも美醜(びしゅう)って「美しい」と「みにくい」の事ってあるけど、

使い所が難しそう・・・

やっぱり今では死語だね・・・

キャスト

美醜の大地(びしゅうのだいち)に登場するメンツは、

初めよくある 「イジメられる子」と「いじめるメンバー」なんだけど、

だんだん登場人物が増えて来て漫画が面白くなってきました。

初めよくある 

「イジメられる子」「いじめるメンバー」なんだけど!

●ボス=財閥のご令嬢。(よくあるよね)

●あとは数人の取り巻き

●整形手術をしてた病院関係者。

●喫茶店でのお客やマスター

●知り合った新聞記者

●お金を稼ぐために知り合ったヤクザ

次から次とドンドン登場人物が増えて来るんだよね。。

感想

単純な復讐劇では無

いっけん何も悩みが無いように感じてるボスのご令嬢にも悩みがあったって言う設定が

よくある復習だけの漫画では無いってところが人気なんでしょうね!?

主人公の女性とイジメのメンバーだけの物語かと思いきや、色んな人を巻き込んでの復讐劇!

そんな人達が絡み合って物語が複雑に絡み合い、単調な復讐劇になっていないのがイイよねーーーー。

でも戦争で引き上げてきた子たちも ソレゾレな生活をしてたのを、

一人ずつ標的にして復習をはたしていきます。

復習を進めていく過程で弱気になったり、弱気になったりで、

中々復習が進まない所が

またこの漫画の持ち味になってるかも?

でもある意味 不思議だったのが!?

この漫画はだいぶ前の事を題材にしてる漫画だけど、

いまでも十分古さを感じさせないって事。

今でもアルような殺人事件だったり、

お金のために、体を売らなきゃいけなかったり、

それを取り巻くヤクザだったり、

やさしい人達だったりで、描いてる世界観は確かに古いけど話は全然古くなく、昔からこう言うイジメにまつわる事はあったんだろうなーーーって事。

いまより昔のほうが貧困の差がヒドかったんだろうね。

ちょっと考えさせられる漫画でした。

初めは食わず嫌いだったけど、ちょっとハマりそうです。

まとめ

「美醜(びしゅう)の大地」は 面白かったって事。

単にイジメられる子がイジメっ子に復習するだけの漫画では無いのが「Good」

ぜひ少しでも興味がある人は「無料お試し」があるので見てみてね

まんが王国で「美醜」で検索してみてね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました