Most Viewed Posts

Toggle

未分類

スポンサードリンク

【社会】「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット

:2017/07/16(日) 13:29:10.45 ID:

昨年3月、私は15年間勤務していた東大病院を任期満了退官しました。

所属していた組織を離れ、心の同志はいますが、物理的には「ひとり」で住んでいます。

そんな、ひとりという状況で浮かぶのが、「孤独」という言葉です。

一般的には、孤独にはネガティブなイメージで語られる面があります。その筆頭が「寂しい」イメージですが、「ひとりは寂しい」という一方的な感情を、私たちは幼い頃から他人に刷り込まれてしまってはいないでしょうか。

私は現在、何よりも自由という喜びを感じています。その自由には、責任の所在も含まれています。

いいことも悪いことも自分の責任である、ということが心地いいのです。

これは「自立」と言い換えることもできるかもしれません。

日々のすべてが自分の裁量というのは大きいことです。時間の使い方にしても、お金の使いみち、食事の選択にしても、すべてが自分の裁量にまかせられているのはありがたいものです。

もっとも、病院に勤務していた時にも、直接干渉されるようなことはありませんでしたから、昔から自由にしていたといえばそうなのですが。

しかし、何といっても、ひとりの時間の思考には一切の遠慮がいりません。すべてを自分本位に考え、素直に感じることができます。自分にどこまでも正直になれます。

実は、意外にも組織にいたほうが、人は相対的にひとりを感じやすいものです。組織に適合してしまえればそう感じることはないでしょうが、適合できない、合わない、と思う時に、人はひとりだと感じるものです。

ひとりとは、実は比べるものがあって初めて相対的に感じるものであり、はじめからひとりでいると自覚していれば、それは絶対的なものとなり、だからどうだと感じることはなくなるものです。

私自身、現在は物理的意味ではなく意識としてひとりだと思っています。非常勤で大学に行くことはありますが、たとえ今、どこかの組織からお誘いが来たとしても、当面は考えていません。組織というのは宗教と一緒で、そこに組織の論理が働きます。そこで自分の意見を変えないといけないようなことがあっては困るからです。とりあえず私は、どこにも属さず、ひとりである今に何の不自由も感じていません。

言うまでもありませんが、誰もがひとりで生まれ、ひとりで逝きます。ですから、誰かが定義するしないにかかわらず、誰もが本来ひとりなのです。

いつも自分は大勢でいるから孤独ではない、と言う人がいますが、そういう人に限って自分が孤独である事実を見ないようにしています。

ひとりでいても、心が孤独でない人はひとりではありません。逆を言えば、大勢といても決断を下す時はひとり、あるいはそこに寂しさを感じたら孤独です。独居をしていても、ひとりという感覚がないという人もいるでしょう。

つまり、孤独とは、ひとり暮らし、家族がいない、友人がいない、といった状況を指すのではなく、寂しさを感じているといった心の在り様を指すわけです。ここでは、物理的なひとりだけではなく、大勢の中にいても感じる孤独を含めた広い意味での心の在り様も示す言葉として、「ひとり」を使うことにします。

ひとりとは、「人間本来の自由な状態」と私は解釈しています。
もっと簡潔に、「あるがまま」「ありのまま」と言ったほうがいいでしょう。
本来のあるがまま、人としてのあるがまま。そして、最も自由な状態。
それが、「ひとり」なのです。

私は、今という時間を大切にしたいと思っています。過去も将来も一体となった今を生きる、つまり古神道でいうところの「中今」です。

ひとりであるという自由な状態をありがたいものと受け止めて、あるがまま、ありのままに「ひとり」を楽しんでいる時こそ、「没我」に、そしてこの中今を生きることにつながるのです。

ひとりの時間の3つのメリット

ひとりの時間のメリットには、次の3つがあります。

(1)惑わされない
(2)自由に考えられる
(3)自在に動ける
以下ソース
http://diamond.jp/articles/-/134969


:2017/07/16(日) 14:48:09.35 ID:

>>1
(1)惑わされる ← 孤独がいい孤独がいいと洗脳され惑わされやすくなる
(2)自由に考えられない ← 自由に考えられる自由に考えられると洗脳され自由に考えられなくなる
(3)自在に動けない ← 自在に動ける自在に動けると洗脳され自在に動きにくくなる。


:2017/07/16(日) 16:11:45.54 ID:

>>1
ヒッキー・・・それはさびしいよ!


:2017/07/16(日) 19:41:48.73 ID:

>>1
> 実は、意外にも組織にいたほうが、人は相対的にひとりを感じやすいものです。組織に適合してしまえればそう感じることはないでしょうが、適合できない、合わない、と思う時に、人はひとりだと感じるものです。
>

これは同感だわ


:2017/07/16(日) 19:52:41.68 ID:

>>129
周りと見比べて1人だと孤独や劣等感は感じるな
ニートの時は1人でも全く寂しくなかったけど仕事し始めたら浮いてるのが明らかに分かって居心地が悪い


:2017/07/16(日) 20:40:09.45 ID:

>>130
>周りと見比べて1人だと孤独や劣等感は感じるな
 分かる。
 特に学校時代とか。

>>135
家庭:守るべき存在、養う責任
仕事関係の人間:利害関係
恋愛:守るべき存在、気を使わないわけにはいかない、もし別れてしまったら友達ですらない相手の可能性
だからな・・・
ご近所:偶々近くに暮らしているだけ(親しくなれればその限りではないが)

守るべき存在ではなく対等な関係が良い。
気を使わないわけにはいかない相手ではなくそこまで気を使わなくて良い相手が良い。


:2017/07/16(日) 21:17:08.81 ID:

>>135
俺もそうだ

>>137
その友人とかいうほうが気を遣うわ
家族が一番気を遣わないに決まってる


:2017/07/17(月) 07:54:33.81 ID:

>>144
>家族が一番気を遣わないに決まってる
 家族が気を使わないって仲良し兄弟(姉妹)でもいるのか?


:2017/07/17(月) 00:42:56.92 ID:

>>1
退官って何?技官か何かなの?


:2017/07/17(月) 17:01:54.55 ID:

>>161
文官、技官、教官、医官、事務官、等からの退官(主には定年退職)


:2017/07/17(月) 01:57:00.44 ID:

>>1
>実は、意外にも組織にいたほうが、人は相対的にひとりを感じやすいものです。
>組織に適合してしまえればそう感じることはないでしょうが、
>適合できない、合わない、と思う時に、人はひとりだと感じるものです。

「自立」と「孤立」はちがうとおもう
「孤独」というばあい世間では後者の方を指すと思う
哲学用語でいう「疎外」というやつですね
なにから「疎外」されるのかというと人間関係の束である「社会」から

生き物として束の中で苦しい思いをするか自立を選ぶかはその人次第
でもまあ、完全な自立は難しいから家族や友人を作りたがるんじゃないの
それ無しで済ませられるのなら大したものです


:2017/07/21(金) 20:37:01.75 ID:

一人でいるのが好きな奴とボッチって全く違う人種だよね
>>1に同意しちゃう奴は間違いなく後者


:2017/07/22(土) 18:45:45.39 ID:

>>277
後者でも親しくもない相手と無理矢理関わるくらいなら一人でいるのが増し。


:2017/07/16(日) 13:40:28.28 ID:

一人暮らしの方がストレスが少ない。平安時代の通い妻制度の方が良いわ。


:2017/07/16(日) 15:07:13.46 ID:

ただなあ、最近の若年層のあの人間関係への怯え方ってなんなんだろうなと。
昨日も、電車内中吊りに「会話を途切れさせない方法」とか本の広告があっね思わず吹き出しそうになった。
友達とか 会話とかが義務化苦役化してるんやね。


:2017/07/16(日) 15:27:47.51 ID:

>>42
おまえらが不寛容だから


:2017/07/16(日) 15:44:32.71 ID:

しかしなんだなあ。これで結婚しない。つまり自分以外の誰をも幸せにしてあ
げられなかった。そして子どもも持たなかった。すべては自分一人の世界で終
始した。となると、べつに生まれてこなくてもよかったようなもんだな。他の
人間からの承認、他の人間に対する働きかけによって自己存在の確かさを実感
するということが欠けてるわけだろうからな。まあ生きるがために生きただけ
という、イヌネコ的な生涯であって、人生なるものとは違うんだろうな。人間
は自分で自分のことを確かな存在として定立することはできないものだろうか
らな。他の人のいない生涯は、基本的に無かったも同然の生涯だろうな。


:2017/07/16(日) 16:08:55.57 ID:

>>58
それも嫌なんだよ、
というか、その分承認要求が強いんだ。


:2017/08/05(土) 03:10:12.07 ID:

>>58
1ヵ月近く前のレスにレスするのもなんだが
何を書いてるのかはわかるけど全く共感できない
人生観が根本から違うんだろうな
同じ人間でたぶん日本人同士でありながらここまで違えるのかと驚く程違う
煽りでなく宇宙人みたいに別次元の生命体なのかと思う
1人が好きな奴とそうでない奴は互いに関わり合うべきじゃないと思えた


:2017/08/05(土) 08:04:01.57 ID:

>>295
逆転の発想で
結婚した相手と子供しか大事にしないと決めたら楽かもw


:2017/07/16(日) 15:54:04.79 ID:

好きな人と好きな時だけ一緒にいるのがベスト
現実にはそんなことは不可能だから一人でいるのがベター
嫌いな人と一緒にいないといけない状況が最悪


:2017/07/16(日) 17:07:53.26 ID:

ネットがあるから完全な一人、孤独とはニュアンスが異なる
これは一人の人に福音だ


:2017/07/16(日) 20:29:08.72 ID:

つか、最近言うところの「トモダチ」ってのが薄気味悪い。
そのトモダチとかがいないと生死に関わるかのような勢いだし。

俺は、家族と会社の同僚と御近所さんがあれば、トモダチとかいなくてもこまらんがね。


:2017/07/17(月) 01:45:25.27 ID:

今日も独り一日家で過ごしたけど、寂しいなんて全く感じなかったな。
こんな毎日が続けばいいのにと思ったくらいだ。


:2017/07/17(月) 08:33:49.23 ID:

>>165
1年続いたら、どうなるかね。


:2017/07/17(月) 12:51:54.56 ID:

承認欲求のない人間なんかいねーだろ


:2017/07/17(月) 19:36:46.07 ID:

>>195
ナルシストはそれを他人に求めないんじゃないの


:2017/07/21(金) 07:54:27.75 ID:

一人の生活で時々友達と会うくらい生活が精神的には楽だね


:2017/07/21(金) 09:48:27.81 ID:

毎日人と関わっていると特に楽しく遊んでいると一日たりとも一人でいるのがたまらなくなるし
ずっと一人で暮らしていると1年に一回くらい人恋しくなる以外は
どんな時でも自分に関わってくる人間がうざくてたまらなくなる
どっちも経験してるが地に足就けて生きてる実感は一人のほうが大きい


:2017/07/23(日) 20:12:40.95 ID:

おまえら、本当に結婚したいのか?
俺はバイトしていたから、知ってるけどさ、
土日祝日のショッピングモールやフードコートなんてさ、
疲れきった父親だとか、
(おそらく、サービス残業、休日出勤で今日は月2回の貴重な休み)
本当にそんな未来が欲しいのか?

しかも自分のことを雑菌扱いするんだぞ
おまえら、そんな現実に耐えられるのか?

それだったら、特に男は今から貯金するなり、資産をつくるなりして、
豊かな老後を目指すべきじゃないのか

まぁ底辺感は否めない
お父さんのお小遣い給料の6%みたいな 

 
 


:2017/07/24(月) 03:06:19.04 ID:

>>281
家庭を持つなんてあり得ない。
できるスペックがあったとしてもしたくない。


:2017/07/24(月) 06:54:58.40 ID:

>>281
こんなの週一であったらなくなるしたくなるわ
子供は小さいうちは可愛いけど


:2017/07/25(火) 23:13:38.01 ID:

>>281
奥様はとか、お子さんはとか言う会話になって、私独り者なんでと言われた時のあのなんとも言えない間はなんなんだろうな
まるで素敵な髪型ですねと言ったら、これはカツラでしてとか言われたような、取り返しのつかない触れてはいけない部分というか、、、
周囲も疲れるよ


:2017/07/26(水) 10:08:43.54 ID:

>>290
そういう人とは付き合わなきゃいいじゃん。
仕事と家族サービスしか話題がない人はつまらんしな。


URL
TBURL
Return Top