アマゾン

スポンサードリンク

ヤフオク VS Amazon「せどり 」の使い分け?【どっちがヨカと?】

ヤフオク VS Amazon「せどり 」の使い分け?【どっちがヨカと?】

ヤフオク VS Amazon「せどり 」の使い分け?【どっちがヨカと?】

 

 

 

 

 

 

消費者の場合

純粋に ライバル?  好みが分かれる。

(結構どっちかでしか購入しない。)

 

 

私も AMAZONで販売しなかった時は、 ヤフオクで販売。

Amazonは 購入する お店としか認識が無かったとよ。

 

 

今年に入りAmazonでの販売もするようになると 少し変化が?

 

そうです、Amazonでも結構売れるバイ! って事です。

 

 

ただ ヤフオクが長かった事もあり、中々 頭の切り替えが 上手くいかなくて。

折角ヤフオクで儲けてもAmazonで損する場合もあり

「何ばしよっとね!」って。(何やってんだよ(訳))

 

 

でも 

この頃少しづつ Amazonでの販売を (こんな感じで)やればいいかな??

難しい面もありましたが、コツはつかめてきた感じですよ。

 

 

でも中々 ヤフオクも捨てきれずと、思ったけど、

ヤフオクは「ヤフオク」で使って Amazonは「Amazon」で 

商品を分けて 行くことにしました。

 

 

メインを「Amazon」

サブで「ヤフオク」

 

今まで どっちつかずで 自分自身が 迷ってました。

でも 何も ヤフオクを止めずに行く事にしたら 少しスッキリしました。

何故 ヤフオクを止めずに Amazon一本にしないか?

 

 

Amazonを1本にしないワケ。

1:Amazonでは 「返品」の可能性がヤフオクに比べ高い。

(返品の際の 受け皿で ヤフオク販売。ヤフオクは、やっぱなんでも売れるので。。。)

 

 

2:Amazon販売は 手数料等 ヤフオクに比べ高いけど、出品が圧倒的に楽!

(他のショップとの差別は付けにくい・・・)

 

 

でも さっきも 書きましたが 「ヤフオク」も捨てがたいです、

何せ 何でも 「売れる」ちゃんね~。(やめられんヨ)

 

 

Amazonで到底販売出来ない商品でも

「販売」出来ます。

中古。

 

Amazonでは販売する場合 まず、商品のページに出品する必要が・・

無くてもページを作成すれば 販売すること出来ますが無ければ出品出来ません。

 

 

ココをどう捉えるかで分かれるトコです。

 

まず商品のページが無いという事は 今まで販売されていない=「過去に売れた事が無い」と言う事です。

 

Amazonの場合 同じ商品でもたまに 複数ページがアルことがありますが、

だいたい 1つのページは売れているが 他のページは 「あんまり・・・」なんて事があるので・・・

 

 

そう言う 商品は 初めから 「ヤフオク」で売ってしまった方がイイと思います。

 

それと 

ヤフオクの一番気に入っている点が 

即金できる事です。

 

最近も 中々 Amazonでコレ → 売れなかった商品 を 

ヤフオクで売り切りました。

(ワケありだったんで なかなか売れてくれなかった(^^ゞ)

 

mac

もう少しAmazonで辛抱してれば 「売れた」と思うんですが、

仕入れた時より ライバルが増え、 予定より売れるまで時間がかかりそうだと思ったんで 

資金繰りの事があったんで ヤフオクで売りました。

amzon1ヶ月に「2回 入金・2週間毎の水曜に連絡あり」
ヤフオク自分で調整できる。(入金を確認してから発送・オークションの日数で調整)

 

 

ので 双方の メリット・デメリットを使い分け 出品していこうと思います。

 

 

今から「せどり」始める人も amzonもイイと思いますが ヤフオクも 覚えておいて決して「損」は無いと思います。

ただ 初めは どちらか1つをやって手応えをつかんでからよ。(結構書きながら 自分に言ってます)(^^)

 

 

コチラは 「Amazonで決して売れない 商品をヤフオクで」書いてます。

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

 

URL
TBURL
Return Top