生活

スポンサードリンク

手作りギョウザ!【男が作る餃子の失敗しない焼き方】

手作りギョウザ!【男が作る餃子の失敗しない焼き方】

手作りギョウザ!【男が作る餃子の失敗しない焼き方】

久々作りました。

すぐ作り方適当になちゃうんで 忘れないように 備忘録で 書いておきます。

 

P_20151019_175418

 

ぎ ょ う ざ

材料 :

豚ひき肉

キャベツ

にら

しょうが

 塩・しょうゆ・酒・こしょう・サラダ油・ごま油・酢・ラー油

 

① 刻む

 

キャベツをみじん切りにし ボールにみじん切りにしたキャベツを入れ 

少し寝かし塩を振り水分を出す。

(1滴くらいまでポタポタと落ちるぐらいまで絞ったらそこでストップ)

 

② 練る

 

ボールにひき肉としょうがを入れ、しょうゆ、酒、格おおさじ1、塩小さじ1/3、こしょう少々を側面に押し潰すように混ぜる

肉だけに下味をつけると味がぼやけない

肉に粘りが出て白っぽくなったら、水 大さじ12を加えさらに練る。

     全体になじんだら、・サラダ油・ごま油 加え練り混ぜる

肉の粘りが出て水を加えることが大事。その後油を加えて水分を閉じ込めればジューシーに仕上がる

油が全体に馴染んだらキャベツとニラを加える。

野菜を加えたら混ぜすぎるとベチャベチャになるので混ぜすぎない

冷蔵庫で10分以上寝かせる

 

P_20150908_165044

③ 焼く

 

熱したフライパンに 丸く並べ 中火で1分したら、熱湯を100ml少々入れ、

ふたをして4分ほど焼く。

(熱湯を入れないと 温度が下がり ベチャとなりやすい)

 

 

皮がふっくらして 透き通ってきたら 水分が無くなってきたら

ふたをとり、「油を回し入れ」

フタをして 弱火で 5分弱

 

ふたを取り 焼き目がついたら OK!!!

そのまま フライパンと大きさが同じぐらいの皿を フライパンに被せて 皿ごとひっくり返せば 失敗せずに お皿に!

 

 

 手作り ギョウザの皮

 

●強力粉と薄力粉で 合計「100g」(半分・半分)

●熱湯 「50ml」

家では あまり 強力粉と薄力粉は こだわりません。

 

その時 家にある 粉を使います。

 

 

単品しか無い時は 単品で!

 

そんなに 揃えなきゃってほどでは無いかも?

(お好み・・・)

 

ボウルに強力粉と薄力粉を入れ
、熱湯を加えながら 箸で混ぜる。

P_20150908_124329

ある程度 表面がなめらかになって ツルッとして来たら OK.

 

あとはラップに包んで しばし寝かせる。

P_20150908_130030

 

あとは お好みに 伸ばして切って使います。

 

P_20150908_160746

 

打ち粉は(打ち粉. 生地が手や台にくっつかないよう、粉を振ること。) 多めに使っていきます。

じゃないと ギョウザを包む前に「生地がくっついて」しまい、失敗します。

 

冷凍保存した ギョウザは?

今回は 

強力粉は100g と薄力粉 200g の合計「300g」

焼いて食べたのが 50個ぐらいなんで。

あとの50個ぐらいは 冷凍しました。

 

 

金属のトレーに1個づつ くっつかないように並べて 

冷凍させ 凍っちゃえば トレーから出し ビニール袋に入れて保存します。

 

次回は 凍ったそのまま 焼いていきます。

熱湯を入れて焼く工程が少し長くなるぐらいで ほとんど同じで焼くことが出来ます。

 

作る時は 連投保存も出来るので 多めに作ってます。

 

これで 次回は 忘れずに出来ますネ。(*^^*)

これで ビール・焼酎で 一杯やって。 

「amazonプライムビデオ」見てます。

ビデオは 見放題なんで。この頃病みつきでwす。

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

URL
TBURL
Return Top