ドキュメンタル・シーズン3の出演者と感想!Twitterや動画も公開!amazonビデオ

ドキュメンタル・シーズン3

 

今日もこんにちわ!

 

動画配信サービスにハマってる、ヒロシです。

今日の動画は amazonビデオ の

松本人志プレゼンツ

「 ドキュメンタル・シーズン3 」です。

 

 

 

おすすめ度

 

★★★★★

地上波では出来ないの面白さ(^^)/

ジャンル : お笑い

 

 

—– ドキュメンタルとは —–

 

10人の芸人たちが、芸人のプライドを賭け、賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”

参加者10名、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルール。
笑ってしまいレッドカードが出たら即退場。笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事、この激しい攻防をくぐり抜け、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得できる。

 

 

 

 

出演者

 

 

 

 

 

・ケンドーコバヤシ

・後藤輝基(フットボールアワー)

・秋山竜次(ロバート)

・春日俊彰(オードリー)

・伊達みきお(サンドウィッチマン)

・くっきー(野性爆弾)

・レイザーラモンRG(レイザーラモン)

・木下隆行(TKO)

・岩橋良昌(プラスマイナス)

・山本圭一(極楽とんぼ)

 

 

 

ゾンビタイム

 

今回「ルール改正」により

レッドカードで退場になった者たちが終盤残った者たちを

「残って笑わせる:ゾンビタイム」を設定。

 

これにより終盤「笑っていけない参加者」と

ゾンビで参加者を笑いで攻撃(笑い放題)」する

シーズン3になり壮絶な戦いが予想される。

 

ゾンビが「残った参加者」を全滅(笑わせたら)させたら

「参加費の100万」を取り戻せる。。

 

https://twitter.com/DocumentalJP/status/890150244867899392

2回めの出演の「くっきー(野性爆弾)」や

ツッコミの「後藤輝基(フットボールアワー)」や

地上波で出場制限ありの山本圭一(極楽とんぼ)などが

どんな展開で進んでいくのか??

 

 

ツイッター

 

 

結構みんな 楽しみにしてるんだね。

やっぱり毎回改善してる所がイイよね。

 

今度のゾンビタイムは

「どう出るか?」

 

ゾンビタイム

 

いやーーー「ゾンビタイム」

一変にやられちゃいましたね。

 

でもゾンビは笑ってイイので反則です。

 

でも「ロバート秋山・ケンドーコバヤシ」の

ゾンビはダメだよ。。

 

もうやってるやん!(^o^)

(見た人は分かりますよね)

 

動画

 

 

 

 

感想

前回、前々回の反省点を克服し改善してるあたりはイイですね。

これぞ「amazonビデオ」

 

序盤から終盤にかけては お互いの出し合いで試合が進むが、

時間が過ぎての膠着状態を打破しようと「お下劣」なるのは

しょうが無いのかも?

 

しかし、終盤の「お下劣」な攻防戦はある意味、

手の内を出し尽くした最後の戦いか?

 

とにかく「下ネタ:お下劣」がキライな人は向いてないかも?

 

でも、こちらも

出演者と同じ「笑わない」と

決め視聴すると、

最高に面白い。

 

飲みながらの視聴は「吹き出す」ので厳禁です。(笑)

毎週楽しみです。

 

マっちゃん最高!

 

amazonビデオは「オリジナル動画」が盛りだくさんで

ドンドン面白くなってコレで

動画配信サービスの中で最安値とは「最高」です。

 

ライトユーザーなら大満足なんじゃないの?

 

当たりハズレはあるけど、どうせ見放題。。

好みじゃないのは「見なきゃイイんです!」(笑)

どんどんオリジナル作成して独自路線で視聴者獲得だね。。

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

気にいて頂きましたら、

シェアボタンで シェアしていただけると大変喜びます。