Amazonビデオのル・マン ~レースに懸ける男たち~が面白い!ゲーマーからレーサーの日産チーム!

「ル・マン」レースに掛ける男たち

 

今日もこんにちわ!

 

動画配信サービスにハマってる、ヒロシです。

今日の動画は Amazonビデオ の

「 ル・マン ~レースに懸ける男たち~ 」です。

 

 

 

 

おすすめ度

 

★★★★☆

 

レースの裏側が見れるドキュメンタリー!

ジャンル : ドキュメンタリー:レース

 

 

[aside type=”boader”]

レースに興味がない人こそ、

見れば印象が変わるかも!?

[/aside]

 

 

 

 

あらすじ

唯一無二のモーターレース、ル・マン24時間レース。

毎年フランスで開催されるこのレースは、文字どおり24時間かけて行われるドライバーと自動車の耐久テストだ。
撮影チームはクアラルンプールからコート・ダジュールまで駆け巡り、
大迫力の4K映像で勝利を競う6チームに初密着

『ル・マン ~レースに懸ける男たち~』は、

あなたが初めて目にするモータースポーツだ。

 

ツイッター

 

 

 

★★ネタバレ★★

まだ 見ていない人は「ネタバレ」を書いていますので

下記をご覧になる場合は、 ご了解いただき見てください。。<(_ _)>


 

 

ル・マン ~レースに懸ける男たち~

 

 

その中にゲーマーからレーサーになった

「ヤン・マーデンボロー」が出てます。

そうレースゲームが好きなら1回はやったことがある

「グランツーリスモ:GT」の世界大会で

上位の人が入れる「GTアカデミー」出身なんです。

 

F3ぐらいには出てたと記憶してたけど、なんと「ル・マン」に出てたんですね。。

 

ヤン・マーデンボロー (ゲーマーレーサー)

 

ヤン・マーデンボロー

(Jann Mardenborough, 1991年9月9日 – 25歳)

イギリスのレーシングドライバー。

 

2015年時点で、日産・ニスモチームに所属し、FIA 世界耐久選手権のLMP1クラスに参戦している。
2011年に、欧州日産とソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)・ヨーロッパが協賛するPlayStation 3のドライビングゲームソフトのグランツーリスモシリーズのGTアカデミー育成選手の選考大会で9万名もの参加者の中から勝ち抜き、ドバイ24時間レースに日産チームで参戦する権利を得た。

2013年には、FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権に参戦している。
2014年からアーデン・インターナショナルチームに所属してGP3に参戦している。

中には日産のチームは「ゲーマーからレースに出て」フザケてるのか!?ってあるけど、、

いくらゲーマーであろうと 

レースで早くなければ
プロのレーサーが出るレースに出場出来るわけがないし、出来ないでしょ。。

 

ま、

不満行ってる人は「グランツーリスモ」

やったこと無いんでしょうね?

「グランツーリスモ」はゲームですけど「シミュレータ」ですからね!?

そのゲーマーから転身のヤン・マーデンボローが

実際に出てるだけで夢があるじゃない。。

普通レーサーになろうと思うとある程度裕福じゃ無いと成れないもんね。

それがゲーム機さえアレば「練習」出来るってスゴイ!

実際ゲーマー出身のレーサーも言ってるけど、

コレがスポーツ選手じゃー「ゲーム」でうまくてもプロには成れなもんね。
でもマシンを操るゲームなら、レーサー以外にも成れるかもね?!

 

そんなゲーマー出身のチーム日産や

ココ最近の優勝チーム「アウディ」が入り乱れての

「ル・マン」のドキュメンタリーです。

そんな「ル・マン」レースに掛ける男たち」は

「レーサー」「自動車チーム」焦点を当て

ドキュメンタリーを作ってて裏の話が聞けて面白い。

 

 

動画

 

 

 

感想

なんかレビューでイキナリ「ゲーマーレーサー」の事を

けなしてる人がいて余計に見たく成りました。(^o^)

 

でもいずれバーチャルな世界が現実を追い越す日が来るんでしょうね??

日産チームはその先駆けかも?

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

気にいて頂きましたら、シェアボタンで シェアしていただけると大変喜びます。